人を救う上手な人——預言者の実戦実用的なテクニック

2019/08/09 出所:魚はヒトデを感じます

実戦テクニック

1.監督者に追撃されて攻撃範囲に入る場合は、必ず先に鳥を渡してください。先に鳥を渡してください。先に鳥を渡します。

①高階監督者はよく預言者の半血時にフラッシュを使って攻撃したり、預言者の血を交互に動かす時にフラッシュを使って恐怖を示したりして、役鳥がまだ放っていないのにノックされました。

②クモは技を出す時、糸を吐くことによって、役鳥を倒すことができます。血を半分入れてから、役鳥を作ると意味がなくなります。

③マシニストにストレスを与えないでください。フィールド上にマシニストがあれば、チームメイトが怪我をした時、マシニスト翻訳のスピードは非常に遅くなります。人を助ける位の圧力をあげないでください。血だらけの鳥を覚えてください。

2.預言者が監督者を牽制しながら怒りをためるのが基本です。どんどん実戦で上手になるようにしましょう。外部の特質を利用して、チームメイトの監督者にどのような役割があるかを教えてください。

3.預言者のトップ意識を鳥に教える

①場に調香師がいたら、最初の香水を使って素早く観察し、必要があれば速やかに役鳥を使って保護し、調律師が遡って刀を食べないようにします。一言で言えば、多くのチームメイトを観察し、タイムリーなサポートを行います。

②チームメイトから「助けが必要です。早く来てください。」というメッセージがあった時に、素早くキャストに与え、チームメイトが後半血を受けないようにして、監督者によって刃を止められました。もし直ちに役鸟を与えていなかったら、幸いにもこれ以上见ないでください。(人命救助と救助された人が二人で攻撃されるのを防止し、人命救助の席を二人で救うことがポイントです。)

③一回目の人命救助の後、懸命な生存者の役鳥を与えないようにしてください。人命を浪費しないでください。20秒は極限まで発揮して、二回目の人命救助の時にまた役鳥を与えます。