夢の魔女伊徳海拉実戦教学幻夢の猟師

2019/08/10 出所:魚はヒトデを感じます

第五人格夢の魔女はどうやって遊ぶのですか?興味のある仲間は小編と一緒に見てみましょう。

技能一対一解析

【外在的特質-夢隠】

本体を幻夢の中に隠して、移動速度はとても速いですが、直接シーンと対話することができません。

自分の信徒を連れて、信徒と生存者がお互いに見られます。駆除されてはいけません。信徒は魔女に続いています。魔女から離れてはいけません。

実戦テクニック

夢の魔女本体は生存者には見えません。開局時にこの点を利用して、まず思いやりのある生存者に近くさせて、生存者の位置を確認してから原生信徒に切り替えます。原生信徒を操って求生者の方向に進み、原生信徒が進む時は本体を切り替えて別の操作を行うことができます。

(Tips:操作の視角は信徒によって他に切り替えられた後、信徒は現在の状態を維持する。)

【外在的特質-信徒】

魔女は生存者を指定して、その近くで信徒を作ってください。信徒は宿主から離れてはいけません。宿主を攻撃すると、信徒は消えます。宿主以外の生存者に魔女のマークを使って駆除されます。

信徒は天賦の影響を受けて、補助技能の冷却時間を単独で計算します。信徒は魔女のコントロールする時の移動状態と方向を維持します。

実戦テクニック

異なった信者の技能は冷却して単独で計算して、この点を利用して前の段階の巫女は特質を助けて巡回者を持つことを推薦します。魔女は巡回者を連れて、開局して魔女本体と原生信徒を使って同時に2回の巡視者を釈放して、迅速に第一人者を捕まえることができます。ただし、携帯端末のパトロールは操作が難しいので、携帯のフラッシュを推奨します。

その場で複数の信徒が同時に存在し、常に他の信徒の視点を変えて生存者の位置を確認することを勧めています。また、画角を切り替えた後、宿主に近い距離で追撃し、宿主をモータの位置から退去させることで、フィールド上のモーターのオン速度をけん制することができます。

(Tips:寄生信徒が宿主から離れている場合、宿主の反対方向に進むことができます。範囲--ゲーム中のレッドサークルが表示されると、寄生信徒が自動的に宿主のもとに戻ってきます。)

寄生信者の宿主の近くに他の生存者がいて、他の生存者を優先的に攻撃します。

(Tips:寄生信者が宿主を攻撃すると消える。)

【外在的特徴-魔女マーク】信者を作る際に魔女のマークを残します。生存者は仲間に魔女のマークを付けて使い、仲間に寄生する信徒を駆除します。

【実体能力-伝道】

現在制御されている信徒はスキルをリリースして攻撃を行うとコントロール対象を変換できません。

【実体能力-寄生】

信者に寄生されていない生存者を指定して、近くの場所を選んで魔女のマークと信徒を生成します。信徒の攻撃の命中はこのスキルの冷却時間を下げます。

【実体能力-同化】

寄生技の冷却時間を大幅に減らす。

【実体能力-殉道】

信徒に対する制御を強化し、信徒の移動速度を大幅に増加させる。

まとめて言うと、魔女はよく遊んでいます。これらはよく覚えておいてください。

1、寄生信徒を操作する時、寄生信徒が宿主から遠く離れていると範囲外に出られ、信徒が範囲を離れると自動的に宿主に従う。

(テクニック:寄生信徒が歩行状態にある時に視点を切り替えると、寄生信徒が元の状態を維持して前進します。この特徴を利用して時間を節約して他の操作ができます。)

2、生存者が椅子に掛けられ、耳鳴りを起こしていない場合、フィールド上に寄生信徒が二人いると、席次のようになる。原生信徒は椅子のそばにいて、被掛者の寄生信徒は少し外に出て調べてみて、別の寄生信徒を切り替えて、少し離れたところに行って調べる。

求生者が地下室の椅子にかけられたら、次のように立ちます。寄生信徒は下の階にいます。原生信徒は階段の真ん中か入り口にいます。

3、寄生信徒は宿主以外の生存者を優先的に攻撃し、寄生信徒が宿主を攻撃して消失することを防止する。

天賦加点のオススメ

天賦は少し推薦します

魔女は人間としての素質がない(高次プレイヤー)

狂暴+拘束狂+枯れ+破壊欲+引き止め+耳鳴り

【推奨理由】

この生まれつきの才能は死体を守る時、収益は非常に高くて、大きい地図の中で更に有利で、安定している中に勝ちを求めるならば、【狂暴】+【底札】+【引き留め】をつけることができます。

天賦は少し推薦します

魔女の落ち着いた天賦

カード+狂暴+慰留+耳鳴り(補助特質:閃き)

【推奨理由】

この天賦を使って「地札」を活用して、死体を守ることもドアを開けて戦うこともできます。大門が電気を通した後に直接に【底札】を利用することができて、補助の特質を転送に変えて、天から降ってきて生存者を制裁します。

もし生を求める者の解読のリズムが比較的に速いならば、【底札】を利用して補助の特質を異常に両替することができて、ひそひそと電機を蹴って、生を求める者は見られないで、自ら閉じることしかできません。

天賦は少し推薦します

魔女は扉を開けない。

カード+からかい+耳鳴り+破壊欲+狂暴(前期補助特質推荐:ひらめき)

【推奨理由】

この天賦の「枯渇」と「狂暴」は相変わらず死体を守るのに適しています。「破壊欲」は人を捕まえるスピードを高めることができます。

扉を開けないため、後期は「カード」を使って補助特性の転送を切り替えるのではなく、「カード」を使って補助特性を切り替えることが推奨されています。攻撃と同時にモーターを守ることができます。

また、「カード」がトリガされた後、補助特性のCDは比例して返却されますので、前期の魔女はフラッシュを使わないでください。補助特を交換してから、ミスを直接使うことができます。後期守電機は奇効があります。

(Tips:魔女が天賦を携帯する時は「禁固空間」を勧めません。魔女はもともと窓の近くに思いやりがあるので、生存者が窓を開けるのを阻止します。同様に窓を閉じる効果があります。)

要するに、夢の魔女のポイント:切り替えが速くて、人を殴るのが残忍で、構想ははっきりしています。本当の技術を見せる時です。