第五人格泣き虫の天賦点図新しい監督者の泣き虫の一番良い点は紹介します。

2019/04/18 出所:小さい

第五人格の新しい監督者は泣き虫で商店街に行き、手がかりや反響を使って買うことができます。共同狩猟モードで使用できます。4月25日のメンテナンス後にランク戦モードで使用できます。今日は皆さんに泣き虫の天賦を紹介します。一緒に見てみましょう。

天賦加点のオススメ

一、死体の紹介を守る:張狂+慰留+耳鳴り+拘禁狂

【耳鳴り】生を求める人から36メートルの距離にいると、ヒントが得られます。

【張狂】監修者はゲーム開始後しばらく存在感を持ち続け、存在感の取得は1段階のロックを解除して停止します。(安息松が作った加速帯は、移動速度と全動作速度を大幅に増加させ、テンキーがより速くロック解除できる技能があります。)

【拘禁】カーニバルチェアの離陸・カウントダウンを加速する。

【慰留】ドアの通電を脱出した後、一刀の斬り倒れを得た状態で、普通の攻撃が当たったら、必ず生存者を直接地に倒れさせ、状態は120秒持続します。

死体を守る時、近くに新しい安息松を植えて、木の枝を得て、怨霊を形成します。

二次技能は怨霊をコントロールして長距離攻撃を行うことに相当します。助けに来た生存者を傷つけることができます。

死体を守る時はカーニバルの椅子の側に加速帯を形成し、移動と動作速度を高めます。

カーニバルの椅子の正面に安息松が植えられています。救助された人は必ず反対側から逃げます。この時直接攻撃すればいいです。

二、追撃のオススメ:指名手配+慰留+耳鳴り+追い狩り

【指名手配】生を求める者がカーニバルの椅子に置かれた場合、他の生存者が健康またはけがをした状態であれば、ランダムにその中の1人をロックして輪郭を表示し、自分の移動速度を向上させます。カーニバルの椅子に生存者が救助された後、移動速度の向上効果はすぐに消えます。ロックされた者の輪郭は15日間続きます。秒後に消える。

【ハンター】生存者を追撃し続けると、移動速度が加算され、追撃が失敗したり、交互になったり、攻撃されたり、気絶されたりしたら、移動速度が増して消えます。(安息松の加速帯に合わせて、より速い移動速度が得られます。)

補助的な特質はパトロール者を選ぶことを勧めて、1つは人を救うことを防止することができて、2つは更に効き目がある追撃が生存者を求めることができるのです。

巡視者が使いにくいと思ったら、送るか、ひらめくかを選ぶことができます。

WeChatを開いて下のQRコードをスキャンして、金皮、エコーバッグを受け取ります。