第五人格深淵の呼びかけ2攻略解析盛典イベントなどに遊びに来てください。

2019/06/13 出所:天国の夢

第五人格第二回盛典イベント「深淵の呼びかけⅡ」が正式にスタートしました。深淵の呼びかけⅡはCOA 2とも言われています。今回の深淵イベントはどうやって遊びますか?イベント攻略解析を見てみましょう。

【深淵の呼び声Ⅱ】イベントは蒸気の都、高塔の頂上、オンライン予選の三つの段階に分けられます。

どうやって参加しますか

ポイント1:戦隊の加入または創建

参加している戦隊を離れると、盛典活動を一時的に終了します。また盛典に参加したいなら、新しい戦隊を創建/加入してから申し込んだり、直接に参加したりすることができます。

重点二:盛典の申し込みは2018年12月27日のメンテナンス後2019年1月20日23時59分59秒までです。

ポイント3:隊長が申し込む

戦隊を単位として申し込みます。隊長が申し込んだら、戦隊メンバーは正常に盛典活動に参加できます。

盛典に応募した後、戦隊は今回の盛典期間中に解散してはいけません。

盛典に参加したら何を得られますか?

重点の1:盛典が正式にオープンした後に、志願戦隊のメンバーは任意のマッチング、ランクあるいは共同狩猟のモードに参与してすべて個人の戦闘数にロックを解除します。(深淵マッチングと深淵ランクを通って入る必要はない)

重点の2:盛典の個人の戦闘数は異なっている段階まで達成して盛典のテーマの落書きと珍しい身の回り品などの奨励を獲得します。(盛典個人戦闘数の解除は盛典活動終了まで続く)

ポイント3:蒸気の都段階、志願戦隊メンバーは深淵マッチングと深淵ランクを通じて戦闘に入り、戦隊深淵対戦数を蓄積する。

ポイント4:戦隊深淵の対戦数が異なる段階に達したら、戦隊全員が盛典のテーマ写真、お供などの賞を獲得します。

戦隊に参加して12時間を超えて、しかも個人の深淵の対戦数は累計10回数えて、やっと戦隊深淵の対戦する奨励を受け取ることができます。

ポイント5:深淵マッチング開放時間は昼12時から夜22時までで、深淵ランク開放時間は正常順位と同じです。

ポイント6:蒸気の都段階で、メンバーは深淵マッチングと深淵ランクを通じてポイント(毎日の生存者と監督者の前6本)を獲得できます。ポイントランキングの前に100個の戦隊員は顔枠-機械触手の奨励を獲得して、高塔の頂点に入って試合を続けます。

重点の7:蒸気の都段階の前に100人の戦隊員は特殊な入り口を通して夜のランクに入って、高い塔の山頂のポイントを獲得して、毎日上限は生存者と監督者の各5場を求めて、高い塔の山頂の期間の総上限は生存者と監督者の各20場です。開放時間は2019年1月25日から1月31日まで毎晩19時から21時までです。上位16名の戦隊のメンバーは、アバターフレームの邪眼賞を獲得することができます。

ポイント8:オンライン予選は盛典活動の上位16名の戦隊を招待してオンライン予選を行います。最終的に7名のチームを選出して、引き続きプラットフォームを跨ぐ精鋭試合の優勝者と直接戦隊を招待します。また、8本の他の試合区戦隊が最後の100万円を分け取ります。

参加する過程で注意することがありますか?

1、戦隊の対戦奨励は深渊ランク或いはマッチングを通じて戦闘に入ってこそ獲得できます。個人の対戦奨励は深渊ランク或いはマッチングを通過する必要がなく、任意のモードに参加すれば獲得できます。

2、個人の戦闘内で演繹得点が低すぎると、盛典個人対戦数として記録されない(マッチングと順位は1500点を下回ってはいけない。共同狩猟モードは3000点を下回ってはいけない)

3、戦隊が対戦したすべての奨励は一回しか受けられません。すでに受け取った奨励は新戦隊に加入した後、再度受け取ることができません。

4、プレイヤーの段位、バトルエンド、個人演目、順位は最終的に獲得した蒸気の都ポイントに影響します。

5、戦隊ポイント計算は戦隊のメンバーを選ぶ監督者のポイントに2を掛け、他の4人の戦隊メンバーの生存者ポイントを加えると最終戦隊ポイントになります。

6、戦隊メンバーが隊長に移送された時、このメンバーのポイントは変わらないですが、戦隊メンバーが自発的に退隊した時、このメンバーのポイントは半分になります。しかし、戦隊ポイントは他のメンバーのポイントがあるまでは変わらないです。長く蹴って、自分で退隊しないでください。