史上最も冷遇された監修者第五人格建築士の狂眼技能一覧

2019/06/14 出所:天国の夢

第五人格史上最も冷遇された管理監督のおやじ建築士がついに彼の技能を暴露しました。全体的に見ると、今回の監修者の建築家全体の実力は普通で、黄色の服の主の遊び方に似ています。

建築士のスキル紹介:

外在的特質

1、役所コンソール

バルックはコンソールの完全な権限を持っており、シーン内でコンソールを操作し、フルコートの任意のモニタを呼び出すことができます。生産者はコンソールを解読して解読して完成する時に当該コンソールの一部の権限を得て、より多くのエネルギーを消費して当該コンソールエリアのモニタを使用して、コンソールを使用する時にバルックは当該コンソールの影響範囲内のモニタを呼び出すことができません。

解析:ゲームシーンには固定のコンソールがあり、カメラマンのようなカメラ、建築士、生存者が使用できます。

1.建築士はコンソールによって各モニターを制御し、さらに壁を作ることができる。

2.生産者はコンソールを解読してから初めてコンソールを使用することができます。また、生産者が使用する時には建築士はコンソールのモニタを確認することができません。建築家がコントローラを開けたら、一部のモニターが使えなくなりました。

2、モニタ

各コンソールの管理エリアには監視カメラがあります。ドラッグレバーはエリア内でモニターをすばやく移動できます。モニターの視野範囲内でタッチパネルは直ちに地上に機関壁が昇ります。操作するたびにエネルギー消費量がランダムで壁の数が増加します。

モニターは高い空の視野で、踊り子が音楽ボックスを押す高い空の視野のようです。モニターの視野範囲を垂直に見ることができます。また、視野内に直線を引くだけで、壁が作られます。しかし、壁を作るにはエネルギーが必要です。机関の壁の数が多ければ多いほど、エネルギーの消耗が速くなります。

3、役所の壁

机関の壁が上がると近くの求生者に0.5倍の普攻ダメージを与えます。机関の壁が続く间、求生者は転越ボタンをクリックして机関の壁を越えることができます。

解析:役所の壁は生存者を囲み、生存者を求める者が壁に閉じ込められている場合が三つあります。

1.壁が昇ったばかりの時、近くで生存者を求めたり、0.5倍の普攻ダメージを受けたり、カメラマンのような0.5倍の攻撃ダメージを受けたりします。上がった壁に二回傷つけられたら、普通攻撃と同じです。

2.壁はすでに上昇しています。囲われた求生者は壁の外货をよじ登り、普攻のダメージを受けます。

3.壁に冷却時間があり、傷つきたくない生存者は壁の中で壁が消えるのを待っていれば安全に出てきます。

エンティティスキル:

1、携帯コントローラ

バルックは携帯コントローラを使ってモニターを直接起動して操作することができますが、携帯コントローラはより多くのエネルギーを消費します。

建築士はいつでもどこでも監視カメラを開くことができます。わざわざコンソールを見つけなくてもいいです。

2、スーパー周波数

ロック解除後はモニタ操作画面内で使用できますが、このモニタのマシン壁の冷却時間とエネルギー消費量は大幅に低減されます。

壁を作る時の能力消費が減って、冷却時間が減っています。

実戦解析:

建築士の移速は黄色の服の主に似ています。歩くのが遅いし、自分の刀の息も長くないし、平地で生を求める人を追いかけている時は皇に「自閉」されやすいです。建築士の傷害は主に壁を建てて防御の反撃をします。補助技能はベルトコンベヤーを通して、モニターの「神の視野」で生存者を探しています。生存者が復号しているのを見て、すぐに壁を建てて、生存者の近くに建設します。運がいいです。次に生存者を切り倒すことができます。

生存者の反応が速いと、運良くも0.5倍のダメージを与え、累計2回で1回のダメージを与えます。

でも建築家の一番すごいところは死体を守ることと表門を守ることにあります。機関の壁を利用してカーニバルの椅子を囲みさえすれば、生存者を求めて一度入ると一回の傷害を引き起こします。また出てきて、もう一回の傷害はあなたがチームメイトを救えないのと同じです。玄関も同じです。モニターを使って、一方のドアを二重にして、もう一方で守ります。生存者はかなりつらいです。