カーニバルの椅子を恐れない男第五人格納棺師攻略

2019/06/14 出所:天国の夢

第五人格の納棺師カールさんのお兄さんはとても面白いキャラクターです。次は編集さんと一緒に第五人格の納棺師の攻略を見てみましょう。

スキル解析:

主技能:納棺

化粧箱を持ち歩いて、開けたら身代わり人形の霊柩を呼び出します。同時に自分で特殊な効果を得ます。チームメイトにカーニバルの椅子から救われる度に、納棺師のために霊柩の召喚回数を増加させますが、納棺師一人は同時に霊柩を召喚して使用するしかありません。

スキル解析:

各納棺師は最初に霊柩を持っています。地図の上に自由に置いてもいいです。デフォルトは自分の顔です。置いた後は移動できません。納棺師が不幸にも監獄者によってカーニバルの椅子を縛られた後、納棺師は短い数秒後(10秒)に自動的に霊柩から蘇生することができますが、半血状態だけで、15秒の危険を冒して死に至ります。

また、納棺師が霊柩を持っていなくて椅子に捕まった時、チームメイトに助けられさえすれば、納棺の技能を回復することができます。だから納棺師は強力な仲間に協力すれば、彼の技能の使用回数はもっと高いです。

期間中に友達に会ったら、「化粧上手」という受動的な技能を触発し、対応見本を記憶し、納棺師が霊柩を見つけ、顔を書き換えるだけで効果をチームメイトに移すことができます。

パッシブスキル1:メイクが上手

納棺師は行動の自由な他の生存者の姿を記録し、身代わり人形に描いて、その生存者に返送効果を与えます。完成した姿を描くと、納棺師は自分の着荷効果を失います。

スキル解析:

チームメイトが近くにいると、自動的に受動的な技能を触発して、チームメイトの顔を記録して、見本を記録した後、霊柩の中の姿を選んで、あなたの守りたいチームメイトを選ぶことができます。

受け身スキル2:生と死を淡々と見る

納棺師はクモの糸の繭内とカーニバルの椅子の上で堅持する時間は10%増加します。納棺師はもう何度もカーニバルの椅子に座ったり、カーニバルの椅子の上で長い間留まっていた求職者のために納棺します。

スキル解析:

納棺師が椅子に縛られている時間を増やし、椅子に縛られている時間が長いチームメイトのために納棺スキルを使うことはできません。

受け身スキル3:社交恐怖

他人の存在に異常に敏感で、ゲーム開始時にすべての生存者を感知して、15秒続けます。他人と一緒に解読する時、自己の翻訳速度は15%下がります。

スキル解析:

納棺師は15秒以内にチームメイトの位置を感知して、先にチームメイトを探して顔を記録して、それからもう一人で復号して、チームメイトが追われている時に直ちに霊柩を置いてチームメイトを保護するだけではなく、単独で復号することもできます。

まとめ:

納棺師は団体補助型の生存者です。

残念ながら、納棺師が監理者に捕まったら、預言者は鳥の盾の技能を強制的に保存して、納棺師は納棺技能を回復できます。状況を見てチームメイトや自分のために霊柩を開けます。医者はすぐに納棺師のために血をいっぱい回復して、盲女は安定的に機械をスタートさせます。T 1クラスのラインナップで、監督は大変です。

ただ、納棺師にも致命的な欠点があります。監理者が求生者を椅子に縛らない限り、納棺師の技能は廃れてしまいますが、これに対して管理者の逮捕コストが上がり、全体として納棺師は非常に強力です。