第五人格検査師の実戦前の中後期の遊び方解析

2019/06/14 出所:天国の夢

第五人格の納棺師カールさんのお兄さんはとても面白いキャラクターです。次は編纂さんと一緒に入検査師の実戦前の中後期の遊び方を見てみましょう。

一、実戦前後期

前の段階:マシンを修理しないと、棺おけを置いて屠殺夫を走らせてもいいです。安全は保障されています。でないと、あなたの皮が死んだら、チームメイトが直接にあなたを祭ってくれます。

中期:もう中期になりました。安全なら早く修理してください。でないと、後期はどうやって表門を出ればいいですか?安全でないなら、その棺や棺桶がないなら、自分で抜け出せます。もし光が戻ってきたら、安心して大胆に溜まります。もちろん、モーターが切れそうな時間です。

後期:納棺師の後期大門脱走は万人の注目の段階と言えます。自分が生きていて、そして箱を持っているなら、チームメイトを門のところに連れてきてもいいです。このやり方はちょっと腹立たしいです。もしないなら、先に抜け出せばいいです。仲間を逃しても地下室に入れられますよ。

二、アドバイス

納棺師は非常に面白いキャラクターで、修理機が減速していないだけでなく、板窓もないし、人を救う能力も強いので、各方面で突出した能力があります。

サンシャインアイデア:この役割は、古典的な人を救うための新しいタイプを破って、遠隔地を開いて、新しい世界を保存する!

補助型:主にチームメイトを保護するので、チームメイトに起死回生の機会をあげて、特に盲女のようなのはゼロに接近して率を逃げて、彼の作用はとても大きいです!

自己保証型:自分で棺おけを置いて自分で使います。最初から最後まで自分で電気を修理します。チームワーク精神が全くありません。