第五人格はどのように速く三階から四階まで上がりますか?

2019/06/18 出所:沈煌

第五人格はどのように3階から4階までアップしますか?広大な3階のプレイヤーが関心を持っている問題です。今日は3階のプレイヤーがどうやってスピードを上げて4階に上がるかを見にきます。

ランクを通して3階に到達した場合、あなたの生存者の人格はすでに100級に達しているはずです。おめでとうございます。このゲームのより高級な楽しみを体験することができます。つまり、ゲームの競技性です。このゲームはあなたにとってもうホラーゲームではありません。

修理技術:

1.地図ごとに11の位置がありますが、ゲームごとにそのうちの7つを更新します。いくつかの位置の電機は固定更新されています。(例えば、大部屋の近く、小部屋の近く、3階を倒したら、この点を意識しました。)各電機の位置を覚えてください。(小部屋、大部屋、廃墟、危険な壁、赤地など)タペストリーなどは、人皇動画を見たり、生放送したりすることで、それぞれの地図の位置の呼び方を学びます。

2.開局時には1人でマシンを1台修理するのが効率的です。

3.修理を開始した後、「一心不乱に翻訳します」と信号を送り、修理中の位置をチームメイトに教えます。

4.モーターを修理した後、監督者に追われている求生者の前に解読されたモーターを優先的に補えば、より速く5台の電機を修理でき、チームメーターの溜管理者の圧力を減らすことができます。

5.あなたが修理したモーターが最後の台だったら、この時に監視員に追われていますか?それともすでに火矢椅子に掛けられています。修理が終わる前に少しの進度を残して、モーターを点灯しない必要があります。チームメイトが救助されて倒れたり、追い詰められて倒れたりした後、一瞬にしてモーターを点灯させ、天賦の「リターン」(通称「大心臓」)に協力して倒れたチームメイトを速やかに起こしてからしばらくの間、監督者を走らせ、他のチームメイトがドアを開けて脱出できるように保証します。3つの勝利を保証します。

溜監督者のテクニック:

1.ボードを降りる時は「抜刀」を防ぐべきです。つまり、ボードを降りる過程で監督者に打たれます。これはゲームの仕組みです。監督者とゲームをする楽しみです。ボードに早く着きます。監督者があなたに近い時は、ボードを下に置いてはいけません。簡単にナイフを引かれます。監督者が抜刀したいという気持ちを利用してボードを左か右に貼り付けます。ちょっと待ってください。監督者が板を空振りして、監督者を殴ってから逃げます。あるいは直接この板と屠殺夫を回って、板を探してから他の安全なところに回します。

2.貪欲な板を避け、監督者が来たら、前もって板を下に置いて、管理者と板子のいるところ(通称「板区」)を回ることができます。機会を見つけて、板をめくるスピードを上げて距離を開けたり、管理者があなたに追いつけなくなったら、次のボードエリアに走ります。

3.走っているうちに、監督者の位置をよく見てください。監督者が後ろからまっすぐにあなたを追いかけていると思わないようにします。実は彼はもう前を回ってあなたの状況を遮りました。視点を移すには常に練習が必要です。これは管理者の能力を向上させるために重要なポイントです。

4.溜監督者の真髄は「回る」であって、「走る」ではない。ボードがあるところと監督者が回ってきます。監督は勝手にナイフを出してあなたを殴る勇気がないです。板を食べられるかもしれません。もし間に合わないなら、次のもっと安全なところに行ってください。近くの板場と監督者が回って、板を下ろす機会を見つけて、屠殺夫が板を踏む時次の安全なところに走ります。

5.一般的に監督者が求生者に当たってから3秒ぐらいの時間で立って動かない(通称「刀拭き」)場合、健康状態ですが、次のボードエリアに間に合わないと、管理者があなたを殴った後の磨き時間を安全なところに移すことができます。ナイフを食べる時、求生者は一定の時間で加速します。。

6.地図をよく知っています。これもとても重要です。もしあなたがこの場所で監督者に会ったら、どこに走っても安全です。これは皇のビデオや生放送を見て、自分で真似して勉強することで、すぐに身につけることができます。

人命救助のスキル:

1.一般的には、4人の生存者の中から1人の人命救助(「空軍」、「傭兵」、「フォワード」などの人命救助が上手なキャラクターを選んでください。人を救う役は普通は修理機デブがありますので、多く選ぶと、生存者全体の修理速度が遅くなり、あまり勝つことができません。

2.求生者が火矢椅子に掛けられた後に、普通は人を救うことを黙認します。人を救う場所がすでにけがをしているなら、人を助ける場所を治療して、人を助けに行ったり、他の人を助けることができます。

3.もしあなたが遊んでいるのが人を救う場所で、チームメイトにもっと多くの修理時間を獲得するために、あなたの素質は“危険を冒して夷になります”(チームメイトを救った後に自分とチームメイトは20秒以内に無敵状態で、もし途中で撃たれたら、20秒後に倒れます)と“リターン”を持っていけば、更に“窓を破る理論”を持つことができません。

4.チームメイトが椅子にかけられている距離が遠いなら、あなたは人を救う場所です。修理機を止めて人を助けに行きます。血が入る前に助けられないように。

5.チームメイトが椅子に掛けられたら、あなたは人命救助の席です。まだモーターを修理していません。この時に「暗号機を修理しに来てください!」と信号を送って、他のチームメイトに修理したモーターの位置を教えてください。彼らにできるだけ早く電機を補完してもらいます。

6.人命救助の道はできるだけ監督者を避け、椅子から少し離れた広いところに行って人命救助の席を待つ監督者がいます。この時、管理者の素質の「厄除け」が開かれます。管理者の目が金色になるのが特徴です。もしこの時、監修者に殴られたら、20%の確率で一刀で倒れます。つまり「悪運」です。震え上がらせる。

7.人を救う時に偽物の救助で刀を騙すことができます。人を触ってから手を放して、監督者が刀を打ってからすぐに人を救います。

8.人を救うことを恐れている時に恐怖に震え上がられたら、まず監督者に一刀を打たせて、監督者が刀を磨く時間を利用してチームメイトを救ってもいいです。空軍を使うなら、まず目眩監視員を撃って、人を助けてもいいです。空軍は人を助けてから撃つのが一番いいです。救助されたチームメイトにもっと安全エリアに回る時間を与えてください。

人格:

1.人命を救う場所は「危険を転じて夷とする」と「光を取り戻す」(右と下がいっぱいになる)を指します。

2.修理機の位置から「窓割れ理論」と「光が戻ってくる」(左右にいっぱい引く)を出して、もしあなたが溜監督者に自信があるならば、「危険を転じて夷とする」と「光が戻ってくる」を持って、人命救助の席を持って最初の人を救った後、二人で救助してもいいです。

キャラクター:

国家チームを調べてください。

人命救助:空軍(小地図)/傭兵(大地図)/フォワード(熟練すればいいです)

修理機/溜鬼位:調香師、預言者、マシニスト、魔術師、盲女、探査員、呪術師

もっと素晴らしい内容は18183第五人格専門区を検索することを歓迎します。

ゲーム攻略

ゲーム情報

同人漫画