殿堂レベルのランクの生存者は、基本的なマニュアルの殿堂レベルの人間は何をする必要がありますか?

2019/08/20 出所:魚はヒトデを感じます

今日は第五人格殿堂ランクの人間基本操作の流れをもたらしました。

標準ラインナップ:1救護(佣)+1輔(先)+1妨害(呪)+1修(機)

ゲームが始まり、食肉は人を探し始めました。

1.預言者に追っかけられると仮定する

(1預言者は秒倒れ)つまり3台の飛行機の前に掛けます。もし預言者の鳥がすでに使ったことがあるか、倒れたことがあるなら、(つまり下りた後は逃げ続けることが保証されていません。)ここで人を救う場所は圧死血(修理速度を保証します)を考慮します。

(2預言者溜3台)初戦の場合、少なくとも80 s以上で、ピエロなら少なくとも50 s(ピエロのリズムは他の屠殺者と違って、開局して部品を拾って挽きます。人を探すには1/3ぐらいのマシンが必要ですが、彼は秒の能力が強いです。)

2.預言者は傭兵をつけて救助に行きます。

(1圧死の血)この時、傭兵はまず機を修理して、できるだけ機を見せてから人を助けに行きます。このように三台は一つ飛びます。引き分けとなるはずです。距離が足りないなら、マシンに執着しないで、直接腕を保護して飛んでください。省かないでください。召使いを救った後に必死に保護して、死んで里保(腕をかばってのこぎりをこすって、赤いチョウをじっと見ているように手伝います。カードの位、刀に抵抗します)に行って、預言者にどれぐらい引き延ばすことができますか?そして傭兵が倒れて、預言者が死んで、傭兵の機がこの時に補充されるべきです。呪術機の半分、マシニスト1/3。

(2カード半)先に椅子から遠くないところに行って、静かな足を換えたり、しゃがんだりして足跡を隠すことができます。もし預言者の血筋が4/1以上になったら、助けに行くべきです。屠殺夫とゲームをするには時間が必要です。救助した後、傷がなければナイフに抵抗します。血の半分ぐらいなら、直接に人を助けることができます。二回の刀型の屠殺夫(ピエロ、ジャック、魔女、イカナヘビ、黄色の服、泣き虫、鹿の頭)なら、人を探して触ってください。第二に助けた後に死ぬ中に保護して、ただ抵抗して歩くだけではいけません(多くの傭兵の通病)。もし共倒れで、時間が経っても追いつけないなら、マシニストは二度助けに来ます。

3.預言者二は椅子を掛けます。

(1干渉位の妨害)もしモーターが切れたら、まだ時間があります。あるいは預言者がモーターの圧力に耐えられないと主張しています。呪術師は傭兵が人を救う時に、過去に猿頭茸を吸って、人を助けた後に猿の頭のキノコを吸って、預言者が倒れたら助けを求めます。

(2人と修理)マシンが最後の台に残っている時、信号を送って暗号機を補います。二人と修理の場合、普通は押さえつけられます。押し終わったら一人でドアを貼り、同時に信号を送ります。