第五人格新游法ブラックジャック攻略:マシニスト短命のシャッフル

2019/08/22 出所:jysjli 1

第五人格は今日オンラインしました。新しいゲームのブラックジャックです。次のコードはマシニストで最後までいい加减にしてみましょう。

ルール

手札が一番近くて21点を超えないプレイヤーが勝利します。

人選

マシニスト、監修者は自分の得意なものを選びます。

やり方

大きなポイントを取れなかったら、カードを引かないでください。完全に息子の修理機を使って、本体は絶対安全なところにいます。毎ラウンドにもし監督者が時間をいっぱい追えば、普通は150点ぐらいを取ります。三回のうちにできるだけ早く400点を集めて、2級の捨てカードを交換します。手速なのは後で3級カードを使うかもしれません。

一枚ずつ六回までは平均四時で計算しますから、大きな札をなくしたらきっと生きられます。だからこの道は決勝戦まで生きやすいです。運がいい点でも決勝戦で小札を捨てて自分の点数が向こうより大きいことを保証できます。

セットで600点を取るのは普通です。2級のカード以外に、交換カードを2枚買うことができます。あるいは、カードを洗って、場面によって決めます。

欠点

総じて言えば、このやり方は自粛しています。監督者を避けているだけでなく、チームメイトを避けています。でないと、カードを買っても100元節約できます。資源が厳しくて、チームメイトがあなたに大きなカードを渡したら、300点を無駄にしてカードを買って彼と交換します。このような状況では基本的に2級の放棄カードを買うお金がありません。

適用セグメント

人の屠殺レベルは同じです。屠殺者が1回に10個を殺すという状況が現れないです。このような区分は直接に脳がなくてもいいです。

方法に対して:速く殺して、屠殺夫は第1人を殺して直接つないで、この時マシニストな子供はちょうど電機に触れるかもしれなくて、彼に取り分けられないで基本的には自ら死を待つのです。もう一つはチームメイトがマシニストに対して、300点をこすりました。チーム修理機を使わないために、マシニストを探します。見つけたら大きなカードを送ります。

後記

新モードの開拓段階は面白いです。最強コースの開発を待つと面白さが半減するかもしれません。