闘魚D-oneの第五人格線の下で総合決勝がアモイで開かれます。

2019/09/12 出所:政府筋

「第五人格」は網易が開発した非対称対抗競技類の携帯ゲームで、荒唐無稽なゴシック画風、サスペンスが脳を焼き、刺激的な1 V 4対抗ゲームで、すべてプレイヤーに全く新しいゲーム体験をもたらしました。2018年4月2日の公開以来、多くのファンの熱意と好評を得ました。

今回の2019厦門の「特区・1980」闘魚D-oneハンドボールリーグは第五人格を六大トップクラスの手遊び試合に組み入れました。激しい千人の海選から競争の激しいオンライン試合まで、大勢の選手が才能を出し抜き、最後に厦門に来て最後の対決を行います。

9月14日から15日まで、廈門市湖里区華昌路聯発の華やかなファッション館で、精鋭のプレーヤーとファンの水友が集まって、D-one試合の盛大な宴会を迎えます。

今回のイベントはチケットを買う必要はありません。リンクをクリックして申し込むと無料で現場で観戦できます。【応募先は私】

オンライン試合の対戦過程を振り返りますと、戦況も非常に激しいです。16進8進4進2、各試合は迫力のある試合です。

最終的にオフラインに入ったのは「目を閉じて勝手に勝ちます」と「KAK」の二チームだけです。勝者は手厚いご褒美と大きな栄誉を獲得します。一緒に厦門総合決勝戦での彼らの素晴らしい活躍を期待しましょう。

9月14日、アモイと約束しました。