ベテランを知っていれば、コース技に隠れたテクニックもあります。

2019/09/12 出所:魚はヒトデを感じます

今日は第五人格対局のテクニックを紹介します。

第五人格は対戦のゲームとして、生存者と監督者はそれぞれの技術でゲームの勝利を獲得しなければなりません。例えば、両方のボードの後でゲームをしたり、相手の立ち位置を決めたりします。コース

一、ひらめきテクニック

管理者のひらめき技能は実用的な技能で、対戦中に技能を利用して素早く生存者のそばによけて攻撃して、1つの手が足りないことを打って、しかし今の局面の中で監督者が使うことができるだけではなくて、生存者を求めるのさえ“ひらめき”の時間を計算することができます。

ひらめきの技は溜めて使うことができます。サバイバルを追撃する際に「ひらめき」が必要でなくても「ふり」ができます。管理者がスキルを使うと全体的な音声が提示されますので、その場の生存者だけでなく、別の生存者に対してもイメージダウンができます。交际がひらめいて、长いCDの时间があって、次の求生者を追う时、相手はあなたのCDがよくないと思って、実はまた1つの手を残します。

二、宿傘小転送小テクニック

傘の魂を宿すのも「策略型」の監督者と言えます。プレーヤーももっと多くの「技術」を必要として、道を選んで生計を立てる人、特に「ミニ転送」を利用します。

傘の転送も力を貯めることができます。近くのサバイバル者を追いかける時だけでなく、力を溜めるふりをして、死体を守る時にも使えます。监视者が死体を守る时、生存者のチームメイトは椅子の近くの监视者の轮郭が见えるので、この时に伞を泊めて力を蓄えることができて小さく伝达して、椅子のそばから少し离れて、求生者に死体を守っていないと思わせることができて、その上蓄力の时まだ震えている暗号机に向かって力を蓄えることができて离れて、このようにしてもいいです。嫌がらせの効果を発揮します。

三、伝送テクニック

伝送の小技も比較的に古い小技で、同様に“嫌がらせ”の作用があって、特に特とヘレナに対して机位を修理します。

监视者は死体を守る时同様に力を蓄えて“ふりをします”が伝达することができて、生を求める者に対して死体の仮相を守らないことをもたらして、今だまされたことに人がいないと思わないでください。