壁を建てて千里の外で勝負します。

2019/06/14 出所:天国の夢

第五人格の新しい監督者-狂った目(バルク)は荘園に参加して、第四シーズンの精華の2中の稀代のファッション-炎の怒りを獲得して無料でロックを解除します。

一、スキル解析

【外在の特質:機関操作台】:狂った目はシーン内でコントロール台を操作して、会場の任意のモニターを呼び出すことができます。生産者はコンソールを解読し、翻訳完了時に当該コンソールエリアのモニタを使用することができる。

ポイント1:地図ではコンソールが更新されます。狂った目はコンソールを使って、特定のエリアの神様の視点を得ることができます。

ポイント2:狂った目が神様の目線にある時はレバーをドラッグして視点を移動し、スライドスクリーンはあらかじめ判定して生きる者のルートでエネルギーを使って壁を作るが、冷却時間があります。

ポイント3:コンソールを使用している間に、狂った目で操作できなくなり、そのコンソールの影響範囲内のモニタを使用して、狂った目で壁を作る範囲が小さくなります。

【外在の特質:からくりの壁】:生を求める者が越えて作った壁は一回の普攻の傷害を受けることができて、壁が上がる時壁の辺の求生者は0.5回の普攻の傷つけることを受けることができます。

【形態特質:携帯コントローラ】:1段階のロック解除、ロック解除後は携帯コントローラを使ってモニタを直接呼び出して操作することができます。

【形態特質:超周波数】:二次ロックは、このモニタの構造壁冷却時間とエネルギー消費を大幅に低減する。

二、天賦は少し推薦します。

補助特質の紹介:

【巡視者】、【送る】または【ひらめく】。

天賦点の推薦:

【張狂】狂気の目をすばやくロックするためのスキルです。

【拘禁狂】求生者のカーニバルの椅子からの離陸速度を速める。

【パニック】求生者破訳治療のスピードを下げる。

【指名手配】生存者を追跡するのに便利です。

【耳鳴り】開局して生存者の位置を判断しやすいです。

三、実戦テクニック

1.開局して直接に生存者を追撃する必要がないので、まず「耳鳴り」を利用して生存者の方角を大体判断してください。この時、シーン内でコンソールを操作して、モニターを呼び出して生存者を探してください。

この管理者は操作意識が強くて、地図をよく知っている必要があります。初心者の方にはオススメしません。

2.目違いが発見されたら、生存者が逃げるかもしれないルートに機関壁を設置してから追撃してもいいです。

目が狂うと予知されますから、そのまま行きましょう。喉を壊しても無駄です。

3.目の追撃能力が悪く、移動速度が遅く、刀が短い。空軍、フォワードに会ったら気をつけてください。

4.死体を守るのに適しています。三面を壁に置くタイプです。生を求める者が人を救うなら、必ず負傷します。司祭が門の鍵を持って壁を通り抜けて人を助けない限り。

生を求める人がカーニバルの椅子に掛けられた後に、周囲で機関の壁を配置することができて、1つの身の位の隙間を残して、隙間のところに立って出口を塞ぎます。

5.スピードを抑えるより、暗証番号機の周りに機関壁を配置し、生を求める者の全体の翻訳速度を遅くする。玄関に仕掛けの壁を設けて、求生者がドアを開けるのを邪魔してもいいです。